スプレッドシートのフィルタ表示を使用する

スプレッドシートの1番のメリット共有ですが、同時編集中に1人がフィルタをかけると他の人の表示までフィルタがかかるのは困ることがあります。そこでフィルタをかける時はフィルタ表示を利用します。

同時編集者がそれぞれ別のフィルタをかける

スプレッドシートに入力されたデータが多くなると、フィルタをかけて特定の条件の行だけを表示して編集しやすくします。しかし、複数の人が同時にスプレッドシートを編集している場合、1人がフィルタを使用すると他の人の表示も変わってしまいます。

そこで編集している人がそれぞれにフィルタをかけるためにフィルタ表示を使用します。

まずはスプレッドシートのフィルタ表示を行ってみましょう。「Ctrl + A」を2回押してワークシート全体を選択、「フィルタ表示アイコン」をクリックします。フィルタ表示アイコンは、ツールバーの右寄りにあります。隣のフィルタではなく、小さい▼ですので間違えないようにしてください。

スプレッドシートのフィルタアイコン

スプレッドシートのフィルタ表示アイコン

「新しいフィルタ表示を作成」をクリックすると、周囲が黒いスプレッドシートに変わります。

スプレッドシートのフィルタ表示メニュー

スプレッドシートのフィルタ表示画面

これがフィルタ表示で、同じワークシートでも異なるフィルタ表示をしている場合は、異なる表示画面になります。

あとは各セルに追加された▼ボタンを押して、表示したい項目にだけ✔を付けて、OKをクリックすれば✔を付けた項目の行だけが表示されます。

フィルタ表示を終了する場合は、右側にある×をクリックします。その隣の設定では、フィルタ表示の名前や対象範囲を変更したり、フィルタ表示を削除(後述する「フィルタ表示アイコン」をクリックした時に表示されるメニューからの削除)することができます。

スプレッドシートのフィルタ表示の終了

同じスプレッドシートにアクセスし、フィルタ表示を行っていない画面とフィルタ表示を行っている画面を並べてみました。フィルタ表示した画面では、フィルタをかけて「AとE」だけを表示させていますが、フィルタ表示を行っていない画面では、「AとE」以外も表示されています。

スプレッドシートのフィルタ表示と通常表示

1度フィルタ表示を作成すると、「フィルタ表示アイコン」をクリックした時のメニューから選択できるようになります。このため特定のパターンのフィルタをよく使用する場合にも便利です。

スプレッドシートの作成されたフィルタ表示